相続法改正について学んでみよう②~自筆証書遺言が作成しやすくなりました

Q. 自筆証書遺言を作ろうと思っています。法律が改正され、作成しやすくなったと聞いたのですが、具体的に何が変わったのでしょうか?

 

A. 以前、「公正証書遺言のメリット」というFAQ(こちらを参照)でもお話しした新制度、自筆証書遺言保管制度。
今日はこの制度に関連して、自筆証書遺言の方式が緩和されたことについてご説明します。


改正前民法では、自筆証書遺言は、財産目録も含め、全てを自書しなければなりませんでした。財産が多数ある場合でも全てを手書きせねばならず、大変面倒でした。
そこで、自筆証書遺言をより使いやすいものとするため、新しい民法では、自筆証書遺言に遺産や遺贈の対象となる財産の目録を添付する場合、その目録は自書しなくても良いことになりました。(ただし、目録を訂正等する場合は自書や押印が必要な部分があります。)


しかし、このように手書きでなくても良いこととなると、偽造のおそれも高まります。
そこで、偽造等を少しでも防止するため、自書でない財産目録を添付する場合には、その目録の毎葉に署名押印が必要となりました(目録の記載が両面にある場合は、両面に署名押印が必要です。)。


ここで1点注意すべきは、この制度が使用できるのは、財産目録が遺言書本文とは別用紙になっている場合に限るという点です。
例えば、本文の中に財産目録が記載されているような場合には、全て自書する必要がありますのでご注意下さい。

また、本文について、その全文・日付・氏名の自書、押印が必要である等の点は従前と変わりません。この点も遺漏のないようにする必要があります。

 

自筆証書遺言保管制度については、近日中に改めて、FAQでご説明したいと思います。

 

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム