相続法改正について学んでみよう①~遺産分割前の預貯金の引き出し

Q. 父が亡くなったのですが、100万円ほど借金があったようで、督促状が届きました。
    支払わないと不動産を差し押さえると言われるので、何とか父の遺産である預金から支払いたいと思っています。
    現在、遺産分割で揉めており、相続人の合意で引き出すことは難しい状況です。
  相続法が改正され、預金の引き出しができるようになったと聞いたので
、詳しく教えて下さい。

 

A. 相続法の改正により、相続人全員の合意がない場合でも、遺産分割の成立前に、相続人の一人が、一定範囲内で預貯金の払い戻しを受けられるようになりました。裁判所の判断も必要ありません。今回は、この制度についてご説明します。


新しい制度により、各相続人は、遺産に属する預貯金のうち、相続開始時の残額の1/3に、その相続人の法定相続分を乗じた額について、単独で引き出せることとなりました。
これは、個々の預貯金ごとに判断されます。例を見てみましょう。

例1:父が亡くなり、相続人は子ども二人(AB)。父の遺産のうち預貯金は、X銀行に300万円、Y銀行に180万円であった。
   新しい制度により、Aが引き出せるのはいくらか?


解答X銀行から50万円(=300万円×1/3×Aの法定相続分1/2)

   Y銀行から30万円(=180万円×1/3×Aの法定相続分1/2)

   
   ※合計すると80万円だからといって、X銀行だけから80万円引き出すことはできません。

 

 

 

 

 

 

 


また、本制度では、1つの金融機関から引き出せる額の上限は150万円と決められました。

例2:父が亡くなり、相続人は子ども二人(AB)。父の遺産のうち預貯金は、X銀行の普通預金が420万円、定期預金(満期は来ている)が600万円、Y銀行の普通預金が180万円であった。新しい制度により、Aが引き出せるのはいくらか?

 

解答X銀行から150万円
   Y銀行から30万円

 

解説:(X銀行について)

    ・普通預金:ここまでご説明してきたように計算すると、420万円×1/3×1/2=70万円となります。

    ・定期預金:同じく計算すると、600万円×1/3×1/2=100万円となります。

    ・単純合計額:70万円+100万円=170万円となります。

    ・引き出し可能額:上記の単純合計額は、先程述べた1つの金融機関から引き出せる上限額である150万円を超えています。

             したがって、X銀行から引き出せるのはこの上限額150万円となります

   (Y銀行について)

     例1でご説明したとおり、180万円×1/3×Aの法定相続分1/2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この事前に引き出された預貯金は、原則として、後に行われる遺産分割で清算することになります。(具体的には難しい話になりますので、弁護士にご相談下さい。)


なお、この制度は、原則として、相続人が金融機関に資料を提出し、金融機関でその相続人に引き出しをする権限があるか等の判断をすることが想定されているようです(ATM等での引出は想定されていないようです)。
また、ある預貯金が遺贈の対象になっていたり、相続人の一人又は数人に相続させる旨の遺言の対象となっている等の場合には、原則として、その預貯金には本制度が適用されませんのでご注意下さい

 

こうして、相続法改正により、一定範囲内の預貯金について相続人が単独で引き出すことができるようになりました。
もっとも、この引出には上述のような額の制限があります。この額を超えて資金が必要な場合には、裁判所に「仮分割の仮処分」という申立を行うことになります。

 

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム