離婚の際の財産分与①~財産分与の原則的な考え方

Q. 妻と離婚の話が進んでいます。財産分与を求められているのですが、具体的にどのように考えれば良いのでしょうか?
基本的な考え方を教えてほしいです。

 

A. 財産分与には、次の3つの側面があると言われています。

  ①清算的財産分与

  ②扶養的財産分与

  ③慰謝料的財産分与

 

何だそれはと思われる方がほとんどだと思いますが、全てを説明すると今日のFAQが終わりません。
そこで、今日は、この中でも中心的部分を占める①の清算的財産分与にしぼって、基本をご説明したいと思います。

 

清算的財産分与とは、夫婦が協力して築いた財産を分けることを意味します。
このように一口に言っても、実際はかなり複雑です。なるべく分かりやすく、原則的な考え方をご説明すると、以下のようになります。

 

 

1 財産分与の基準時=いつの財産を分けるか?

清算的財産分与とは、「夫婦が協力して築いた財産を分けること」でした。
この意味を思い出せば、「いつの財産を分けるか?」に対する答えも自ずと導くことができます。
「夫婦の協力関係が終了したとき」が基本的な考え方になるわけです。
具体的な時期は事案によりますが、原則として別居時が多いと言えるでしょう。

なお、別居と単身赴任は違います。
単身赴任していても、夫婦が連絡を取り合いながら円満に生活している限りは協力関係があるわけで、ここでいう「別居」には当たりませんのでご注意ください。

 

2 財産分与の対象財産

これも清算的財産分与の意味を思い出せば、自ずと導くことができます。
「夫婦が協力して築いた財産」が分与の対象となるわけです。

したがって、いわゆる特有財産は分与の対象になりません
たとえば、夫婦の一方が親から相続した財産などは、原則としてこの特有財産に当たり、分与の対象にはなりません。

 

3 分与割合

分与割合は1/2が原則です。
資産形成に対する貢献の割合が1/2ずつとは言えないような場合には、4:6などもあり得ますが、かなり例外的だと感じます。

 


以上が原則的な考え方です。
もっとも、原則的と申し上げたとおり、いずれの点についても、事案に応じた例外や複雑な考慮要素があり得ます
個別の事案に応じた詳細をお知りになりたい方は、弁護士にご相談頂ければと思います。

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム