性格の不一致による離婚について

Q. 夫と離婚を考えています。夫とは価値観が全く違い、ついていけません。最近では家庭での一挙手一投足にイライラします。
    早く離婚したいのですが、夫は離婚に応じるつもりはないと言います。
    このようないわゆる性格の不一致による離婚は難しいと聞いたのですが、本当ですか?

 

A. 離婚関係のご相談で離婚を希望される理由を伺うと、いわゆる「性格の不一致」が圧倒的多数を占めます。価値観が違うとか、ギャンブルや借金をするわけではないがお金に対する考え方が違う等がこれに当たります。


まず前提として、離婚するかどうかに争いがあり裁判になった場合、原則として、離婚事由がなければ離婚は認められません
この離婚事由は法律で以下のように定められています(民法770条)。

①配偶者に不貞行為があったとき(いわゆる不倫のこと)

②配偶者から悪意で遺棄されたとき

③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

※①~④のいずれかに該当する場合でも、裁判所が婚姻の継続を相当と認めるときには、離婚は認められません。

 

 

 

 

 

 

さて、「性格の不一致」は①~④には当てはまりません。
そのため、⑤に該当すると主張する必要がありますが、これは、婚姻関係が破綻し、修復の見込みがないという程度に至っている必要があると言われ、単に性格の不一致や、価値観が合わないというだけでは認められにくいと言われています。


では、絶対に離婚ができないのかと言うと、そうでもありません。この⑤は、各種の事情の総合判断なので、他の事情次第で、離婚が認められることもあるのです。
例えば、別居が続いている時。別居期間や他の各種事情にもよりますが、夫婦の共同生活を修復するのは困難と考えられ、離婚が認められることがあります。
その他にも、客観的に見て共同生活の修復が困難思えるような夫婦間の事情を主張していくことが重要です。


また、仮に、そのような事情が少なく、別居期間も短い場合でも、離婚交渉・調停・裁判と進めていると、これまでかたくなだった相手方が離婚に応じることもあります
弁護士を付けたのを知り本気だと分かったので諦めがつきましたという方や、長期間にわたり離婚の意思が変わらないのを見て離婚に応じる気になったという方も。


決して離婚を奨励するわけではありませんが、それだけ離婚の意思が強いのであれば、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム