離婚後の氏(姓)について②~子どもの氏の変更について

Q. 夫と離婚することになりました。私は結婚の際、夫の姓に変更しましたが、離婚を機に旧姓に戻る予定です。私と夫の間には子どもがおり、親権は私が持つことになったのですが、この場合、子どもの姓はどうなるのでしょうか?

 

 

A. 離婚について事件処理をしている際よくある質問の一つに、(親権を取得できそうな親から)親権者が私なんですから、子どもも当然、私と同じ姓になるんですよね、というご質問があります。

これは間違いです


Q.の事例で解説しましょう。

私(結婚前の姓に戻る配偶者)をA、夫をB、子どもをXとします。
離婚によりXの親権をAが持つことになりました。Aは、離婚により旧姓に戻る予定です。


この場合、離婚しても、子どもXの姓は自動的には変わりません。離婚する前の姓、Bの姓のままです。
そのため、親権をAが取得しても、子どもは、姓の異なるAの戸籍には入れず、Bの戸籍に残ったままとなるのが原則です。
ちなみに、Aが婚姻中の氏(姓)を続称した場合でもこれは変わりません。婚氏続称した場合の姓と婚姻中に使用していた姓は、法律上は別の姓と考えられているからです。


しかしこれでは子どもが学校生活を送る上など、色々と支障が生じ得ます。子どもの姓を変更したい、自分の戸籍に入れたいという要望が出てくるのはある意味当然のことと思います。
このような場合どうすれば良いかと言うと、子の姓を変更するために、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をする必要があります
そして、家庭裁判所の審理により変更の許可が出たら、入籍届を提出することが必要です。
これにより、子どもは以前の戸籍(Bの戸籍)から出て、Aの戸籍に入ることができるのです。

 

姓の変更は本当に面倒なのですが、離婚後の生活も見据えて、離婚前からどのような手続が必要か準備しておくことが大事です。

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム