交通事故に遭ったとき必要となる資料

Q. 先日、マイカーを運転していたところ、脇見運転の自動車に接触され、事故になりました。
    この事故で私は病院に通院しており、車も修理が必要な状態です。
    今後、賠償請求をすることになりますが、どのような資料が必要になるのでしょうか?

 

A. 交通事故に遭い損害賠償請求をする場合に必要となる資料は極めて多岐にわたります。
今日は、その中でも多くの場合に必要とされる基本的な資料についてご紹介したいと思います。

Ⅰ 基本情報

①加害者の氏名・住所・連絡先や勤務先等
→事故時に確認

②交通事故証明書

 →むち打ち程度の場合、物損事故にされることも多い。怪我がある場合は人身事故にしてもらうことが重要。

③加害車両の車検証

 →できれば事故時にコピーさせてもらうのが望ましい。

④・当事者双方の自賠責保険会社、任意保険会社→事故時に確認

 ・自身の保険会社については担当者、及び弁護士費用特約があるか

⑤事故の証拠(あると良い)

 →ドライブレコーダー等がある場合は保存。事故状況に関する写真等も撮影しておくと良い。

⑥診断書 

 →症状や原因についてなるべく具体的な記載があるのが良い。保険会社の様式で記載することが必要な場合もある。

 死亡の場合には、診断書に加え、死体検案書や死亡診断書等も保管しておく。


(⑦人身事故の場合、実況見分調書や供述調書(場合によるが、あると役に立つことも))

 

Ⅱ 賠償額算定のために必要な情報(人身事故部分)

①入通院の経過   例:●年●月●日~●年●月●日まで ○○病院に入院

            ●年●月●日~●年●月●日まで ××病院に入院

            ●年●月●日~●年●月●日まで ××病院に通院

            (通院の場合、通院した日付もメモしておく)

            ●年●月●日          症状固定

            ●年●月●日~●年●月●日まで ××病院に通院

②入通院中の各種領収書等

 例:・治療費(診察料金や薬代)の請求書や領収書

   ・診療報酬明細書→医療機関が作成するのでもらう

   ・通院にかかった費用の領収書

    (バスや電車の場合、○○駅から○○駅まで××行きのバスを利用といった形で経路をメモしておけば、GoogleMap等で費用

     を計算できる。)

③後遺障害診断書

 →症状固定となった時に医師に記入してもらう。保険会社に様式がある。

④休業損害証明書→事業主に記載してもらう

⑤給与所得者の場合

 ・前年分の源泉徴収票

 ・給与明細(事故前のものも保管) 等

⑥事業所得者の場合

 ・確定申告書の控えと添付書類

 ・納税証明書

 ・課税証明書 等

⑦付添看護が必要だった場合、付添看護料の立証書類

 ・付添看護が必要であることが分かる資料(医師の指示がある場合それが分かる資料等)

 ・付添に要した費用が分かる資料(例えば家政婦料等)

  ※近親者等が付き添った場合は、その期間や日にち、仕事を休んだ場合はそれが分かる書類や収入の分かる書類等

⑧その他事案に応じて必要となる資料あり

 

 

Ⅲ 賠償額算定のために必要な情報(物損事故部分)

①被害物の写真

②被害物の価格が分かるもの

 →購入時期や購入時のレシート等があると良い。なければ現在の市場価値などから概算できることもある。

③修理費用等の見積書や領収書

④代車が必要不可欠な場合、代車使用料の分かる書類

 ※代車が必要不可欠か、代車のランクの程度、代車期間等に注意。

  安易に代車を使用すると代車料金が認められないこともある。

⑤その他事故処理などで必要になった雑費の分かる資料(車両のレッカー代等)

⑥その他事案に応じて必要となる資料あり 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以上、主な必要書類を列挙してみました。被害者としては、これらの資料を可能な限り集めて保管しておくことになります。
また、それぞれの欄でも記載しましたが、事案しだいで、これ以外にも資料が必要になることがありますので、詳細は弁護士にご相談頂ければと思います。

上に列挙した資料だけでもうんざりするという方が多いかと思いますが、関係資料をもらうこと、捨てないことを意識すれば、そんなに難しくはありません。
必要以上に思い詰めずに治療や今後の賠償請求に臨んで頂ければと思います。

Message of the heartあなたのお悩みをお聞かせください

初回相談料無料にて承ります。

浅岡法律事務所へぜひ一度ご相談ください

受付
時間
平日9:30~18:30(土日祝休)
予約制

082-208-5874

相談予約フォーム